顔周りのトラブルや悩みの代表的なもののひとつにシミが挙げられます。

シミは顔全体の印象を暗くしたり老けて見えてしまうだけでなく、メイクのムラにもつながるため女性にとって大きな悩みのひとつですよね。

シミと肝斑はどう違うの?

トラネキサム酸 シミ 効果

シミは加齢に伴うホルモンバランスの変化から濃く出てきてしまうこともあります。

また、色や形、できる位置によってもシミの種類は異なると言われています。

加齢に伴うものであれば美白用化粧品やレーザー治療、ピーリングなど外部からはたらきかける治療で効果を得られることがあります。

しかし、肝斑とよばれるものにはレーザー治療は不向きでありむしろ悪化させてしまう可能性があるため注意が必要です。

肝斑とは顔全体の中でも目の周りやほほに現れる特徴があるシミの一種です。

この特徴に加えて左右対称でほぼ同じくらいの大きさで現れることや、輪郭が明確ではないモヤっとした広がりがあるというのも肝斑の判断基準となります。

肝斑の原因は紫外線よりも女性ホルモンの乱れや精神的なストレスによって引き起こされると考えられていますが、明確な原因は明らかにされていません。

トラネキサム酸は肝斑に効果的な成分

この肝斑の治療に効果があるとされている成分にトラネキサム酸があります。

トラネキサム酸とは、初めて肝斑の改善に効果があると認められたアミノ酸のひとつです。

必須アミノ酸のひとつであるリシンをもとに人工的に合成されて作成された成分で、抗プラスミン作用を示すことが知られています。

プラスミンとは炎症反応を引き起こす酵素のことで、抗プラスミン作用を利用し歯磨き粉やうがい薬、風邪薬といった日用品にすでに使用されている身近な成分です。

肝斑の原因のひとつは女性ホルモンの乱れであると前述しましたが、トラネキサム酸はホルモンバランスを整えるといった作用はなく肝斑治療としては別のメカニズムを持っています。

トラネキサム酸はプラスミンの働きを抑制することで間接的にメラニン生成を抑制することにつながるため、シミが薄くなると考えられています。

トラネキサム酸のシミへの効果はどのくらいで実感できる?

現在、この成分を配合する化粧品は多く市販されていますが、どれも継続した使用よって約2〜3ヶ月ほどで効果を実感している人が多くいると報告されています。

服用してすぐに効果がでるわけではなく、肌のターンオーバーに合わせて少しずつ改善されていくため長期間の使用が必要になります。

また、ターンオーバーに関しても個人差があるため実感するのに2ヶ月以上かかる人も中にはいます。

しかしながら、しっかりとした科学的な裏付けがある肝斑治療薬であり、肝斑で悩む女性の強い味方になってくれるひとつといえるでしょう。

トラネキサム酸が配合されているブライトエイジのトライアルレビューはこちら